FC2ブログ

たけたけの宴

くだらない日常やアニメ・ゲームのブログ

『Volume7』応援中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASIOで音質向上?

DTMをされている方は知っていると思うのですがASIOというものを知っていますか?

Audio Stream Input Outputの頭文字を取ってASIOオーディオ用ドライバの規格の一つですね(*´∀`)

このドライバの特徴としてレイテンシーがかなり低く抑えられるのが特徴です。

ソフトウェアシンセサイザー等で音を鳴らした場合に遅れなしに、キーボードを押せばすぐに音が出るといことですかねぇ(;´Д`)

しかしレイテンシーを低くするドライバが音質向上とどうゆう関係が・・・
と思いますよねぇ(゚∀゚)

普通windowsで音楽を再生するときはkernel mixerとゆうのを通過して再生されています。

kernel mixerとは
・サンプリング周波数の違いの吸収
・複数のアプリケーションのミックス
・音量調節
などを行ってプレイヤーソフト側の負担を減らしてくれます(*゚∀゚)
こいつのおかげでサンプリングレートの差異を気にせずに音楽聞いたり、ボリュームひとつで全部の音量の調節が出来る分けです。

しかーし(゚Д゚,,)
オーディオ的にkernel mixerはいらない子なんです~(TДT)
kernel streamにサンプリングレートコンバーターがあるのですが
この性能が非常によろしくない
PCの音の悪さの原因はこいつにあったり・・・・

そこでASIOの出番なんですが
ASIOはオーディオデバイスに提供することでレイテンシを抑えている=kernel mixer通らない=音が劣化しないとゆう分けです。

音質を+にするのではなく-を0にすることで音が良くなったと感じるんです~(ノ´∀`*)

ASIOを使って音楽を再生させるにはASIO規格に対応したオーディオデバイスとASIO出力に対応した再生ソフトが必要になります
でもASIOに対応したオーディオデバイスを持ってる人なんてそんなにたくさんは居ませんよね(;´Д`)タブン

でも大丈夫ASIO4ALLとゆうのがあってオンボードのオーディオデバイスも
強引にASIO化出来たり出来なかったり(゚∀゚)アヒャ

ASIO出力が出来る再生ソフトは結構ありますが有名なのを紹介
・Winamp
これは有名ですよね~ASIO出力のプラグインを入れることでASIOに対応します。

・Lilith
これは元から日本語で開発されていて安心感ありです(ノ´∀`*)

・foobar2000
現在でも精力的に開発が進んでいます。このソフトもASIO出力プラグインを入れることでASIOに対応

・Frieve Audio
昨今のPCの有り余るCPUパワーをふんだんに利用することにより、これまでにない高音質再生を実現するらしいです。

自分はLilithを使用しています設定簡単でプレイヤーのデザインを色々変えられるのがお気に入り(*´ω`*)音はfoobar2000やFrieve Audioを使用する方が良くなるらしいですが。。。
スポンサーサイト

 | HOME |  NEXT ≫

プロフィール

たけたけ

Author:たけたけ


無料カウンター

TW・アニメ・ギター・日常生活など色々な事の日記

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

/// ★★★★★【プラグインに対応です】★★★★★ -->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。